婚姻届を取りにいく

婚姻届を用意する時期がやってきた。ようやく待ち焦がれたタイミングの到来に、嬉しさと緊張とが入り混じった感情が湧いてくる。婚姻届を手にして、その思いが一層高まってくる。

婚姻届も思い出にする

婚姻届の為に国内に

そうだねー、やっぱりさ結婚式を終えてからの新婚旅行先でってのが理想的だけど、そうなると婚姻届の為に国内にしないといけなくなるけどね。うん、そうなってしまうよね。まさか空港の近くでってのは、味気ないしなんか嫌だよ。困ったな、ただ単に近くの役所に婚姻届を出しに行くのも面白くないし。何かいいアイデアないかなー。あんまりのんびり考えてる余裕もないから、何とかしないといけない。式場探しも始めないといけないからさ。

婚姻届ばかり気にする

今日雑誌を買ってきたから、これからさっそく二人で一緒に見て選ぼうよ。あと半年後くらいを目安にしてるから、もう大分時間的にはおしてる。婚姻届ばかりに気を取られてるわけにはいかない。雑誌を最初のページからめくっていく。この分厚いのを全部めくっていくのか、めちゃくちゃ時間がかかりそうで、すでに気がめいってきた。婚姻届の特集ページがあるけど、ここは必要ないから飛ばして先に進もう。今の季節は春で、希望時期は秋だった。

婚姻届の事しか考えてない

考えがかなり甘かったというのが、後から後悔する事の一つになる。というのも、人気がある場所がどれだけ予約が入るものなのか、まったく知らなかったからだ。婚姻届の事ぐらいしか考えてなかったのは甘かった。まずは下見に行きたいところをピックアップしてみようか。順番に見ていくと、その豪華で華やかな写真に目を奪われていく。婚姻届の事なんかまったく忘れるほどに、見入ってしまっている。こりゃあ長引きそうだなと覚悟を決める。