婚姻届を取りにいく

婚姻届を用意する時期がやってきた。ようやく待ち焦がれたタイミングの到来に、嬉しさと緊張とが入り混じった感情が湧いてくる。婚姻届を手にして、その思いが一層高まってくる。

婚姻届のアイデア

婚姻届は会場の近くに

10ページくらいしたところで、どこを見ても大きく差を感じられなくなってきた。しかもここまで気になるのは一つもなかった。そこで閃いたのは、婚姻届を出すのは式場の近くの役所でいいんじゃないかというアイデアだった。そうすれば、一つの思い出として十分なインパクトがあると思う。婚姻届のアイデアを伝えると、しばらく考えた後に意外と言い考えかもしれないという結論に至った。移動の手間も省けるし、一石二鳥じゃないか。

婚姻届の出しやすい地域

雑誌を見ていく作業はまだまだ続いていく。すると目にとまるものが出てきた。ここすごくいい、ここはチェックね。婚姻届の出しやすい地域が望ましいけど、そんなことは言ってられないか。どれどれと、よく見てみると。ふぇー、ずいぶん予算の高いところだね。まぁ仕方ないか、好きなところを選ばせてあげようと思う。婚姻届の事もこれくらい真剣に考えてほしいんだけど、あえてそれは言わないようにしよう。ずいぶんと気に入ったらしい。

婚姻届の念をおされる

会場でブライダルフェアが来週にあるらしい、間に合うかどうかは分からないけど。明日には電話で予約すると決めてる。婚姻届ももらいに行くのを忘れないでね。気になるのが見つかったから、さらに燃えてきたみたいでさらに2時間ほど付き合わされた。さすがに明日も仕事があるので、12時には切り上げたけれど。ちょっと心配だったので婚姻届の事も念を押しておいた。うっかりすると忘れてしまってる可能性があるので、怖いからだ。